ホーム > 睡眠障害

睡眠障害

睡眠障害について

睡眠障害について 誰もが、心配事を抱えていて、考え事をしていると眠れなくなってしまう経験があると思います。
ただ、その度合いが強くなり過ぎて、心理的に苦痛がひどくなってしまったり、日常や社会での生活に支障をきたすことがあります。

  • 疲労が溜まり、疲れているのに張り詰めた緊張感がなかなか抜けず、横になってもすぐには寝れなかったり、眠りが浅くなってしまうことがあります。このことを「過覚醒」の状態と言います。高まった緊張と低下しているエネルギーとの両極端が入り混じっているのが特徴と言えます。誰もがそんな経験はしたことがあるかと思いますが、極端に度合いがひどかったり、長期で続いてしまう時は、自律神経のバランスが崩れているとも言えますが、悪循環を来しやすいのでケアが必要となります。
  • 背景にうつ病が関係していることもあります。その場合には、ほとんどがなかなか寝付けない、ぐっすり寝れない、早朝に目が覚めてしまうといったことが生じてきます。その状態とは逆の過眠(一日を通してずっと眠い)ということもありえます。
  • 睡眠による障害が継続されると、「また今日も眠れないのか…」という過度な心配をし、この不安感や恐怖感により更に眠れない状態が引き続き起こり、悪循環になってしまいがちになります。例えるとノイローゼみたいな状態で、「神経性不眠」とも言われます。
 

上記のいずれであっても治療的な対応によって改善を図れます。
 

睡眠障害の治療について



  • ウォーキングなどの適度な運動や、日光を浴びるなど。
    (うつ状態の時は、エネルギーの低下が激しいときには行わない方がいい場合もあります)
  • 無理をすることによる過労を避ける。仕事の山積みパターンを掌握し、ストレスを和らげる。調子が出ない場合は、危険だという警告として受け止め、調整した方が良いでしょう。
  • 時には睡眠薬や抗不安薬(緊張・不安・自律神経症状を和らげる薬)で、まずは悪循環を制止することが出来るので、一旦安定させてから、自然と服用を止めることができますが、なるべくそのタイミングは医師と相談しながら決めましょう。
睡眠導入剤や抗不安薬には多くの種類が存在し、人によって一番適切なお薬を選択することに努めましょう。
うつ病であったり、様々な不安障害が背景としてある場合では、その治療が必要となります。
また、心理的な背景に関してはカウンセリングも有効といえます。