ホーム > 強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD)とは
強迫性障害について 自分でも辞めたいと思っている奇妙な行動や不合理な行動、その思いとは反面、不安で不安でしょうがないので繰り返さずにはいられない…それが強迫性障害といいます。
「やめたいと思うんですが…やめれないんです」というのが特徴です。
原因は心理的な部分でではなく、セロトニンという脳内の神経伝達物質が十分に働かないことが原因だと言われており、全人口の2%が強迫性障害だと言われています。

強迫性障害の症状

症状には「強迫観念」と「強迫行為」があります。
 
強迫観念
本人の意思とは無関係に頭に繰り返し浮かび、心の余裕を埋めてしまう不快な考え・衝動のことを脅迫観念といいます。恐怖・不安を引き起こします。自身でどうにかしようとは思っても、自身の心に強く迫ってきます。
強迫行為
強迫観念により不安や恐怖、不快感を払拭するための行為を強迫行為といい、同様にやめようと努力しても不安・不快感が襲ってくるのでなかなかやめることができません。
▼具体的には次のようなものがあります。
  • 手を洗わなければならない衝動
  • 必要ないものなのに捨てられない
  • 蛇口コックやエレベーターのボタンなどの大勢の人が触るものに触れられない
  • カギをかけたか、電気を消したかなどの確認を何度も繰り返す
  • 常に数を数えてばかりいる
  • 整理整頓に常に徹底して行う
強迫行為を行えば一時的に感情は和らぎます。しかし、すぐに強迫観念がよみがえり、強迫観念と強迫行為とが交互に繰り返し、終わりなく続き、普段の生活にも支障が出てきてしまいます。
また、強迫性障害によって現れる不安感なので、心身ともに疲弊感が大きく出てしまうこともあります。

強迫性障害の治療
薬による投薬での治療法と、行動に対する治療法を併用するのが効果的と言えるでしょう。
早期に専門医へご相談されることをお勧めします。