ホーム > 診療について

診療について

当院の診療について

当院の診療について 初めて内視鏡を握った時、私は当時の指導医より「胃は心の鏡」と教わり、今までずっとこの言葉を胸中に置き診療を行なってまいりました。身体疾患の治療はもちろん、患者様一人一人の心のよりどころとなるため、心療内科を取り入れ、よりあらゆる角度から見据えた医療を提供したいと考えております。

「なんとなく体調が悪いような…けど、検査を受けて『異常はない』と診断される」
「初めから精神科に行くことに抵抗が出る」

というような方は、是非一度ご相談下さい。プライマリ・ケアとして「心」の状態をスクリーニング(選別)し、ベストと思われる治療法をご提案します。但し、統合失調症、双極性障害、人格障害などの可能性が高いと判断した場合は、精神科専門医にご紹介したいと思います。
 
 

心理臨床の守備範囲

心理臨床の守備範囲 気分が落ち込んでいたり、不安が強くて心配、夜眠れない等、そんな各種症状の方々に適切に対応します。アルコールの依存を患っている方や摂食(過食症や拒食症等)障害の方にも真っ向から取り組み、専門医への紹介も積極的におこないます。

しかし、統合失調症と診断されている患者さまに対しては十分な医療が提供できません。当診療所は精神科専門施設ではないからです。

精神科専門医への紹介や併診を積極的におこなっています。
 
 

心療内科と精神科の違い

 
心療内科
ストレスなど心の問題が原因で、体や内臓に何らかの症状がでる疾患を主に診察治療します。
佐藤内科診療所にお任せください!
 
 
 
精神科
うつ病や他の精神疾患(双極性感情障害、統合失調症、人格障害など)、不安障害などの神経症疾患を主に診察治療します。
うつ病や不安障害は守備範囲ですが、他の精神疾患は基本的に精神科専門医への紹介を積極的に行っていきます。