気分障害(うつ病) のコピー

うつ病とは

うつ病とは 心は、本質的には要素に分解できるものではなく、他人の心の評価は、科学の要求する客観性には到達できない。
精神症状を記述するためには、意識、知覚、感情、意欲、思考というように、心あるいは体験をいくつかの要素(側面)に分けて評価し、各要素を再構築して、各要素を再構築することで把握している。
人間の心はモザイクではなく、精神症候学には限界がある。
また、精神疾患と神経疾患、一般身体疾患、心の悩み、性格の個人差には境界領域が存在し、正常、異常を二分することはできず、生理的な反応あるいは個人差から精神疾患までの間は連続体として存在する。

ゆううつだからといって、かならずしもうつ病のゆううつとは限らない。
うつ病は「知?情?意」の障害と「体の症状」が生じる。

抑うつ気分を訴えるときには「落ち込んでいる」「すっきりしない」「うっとうしい」「ゆううつ」「重苦しい」などと表現される。
しかし、これらの表現ではいわゆる病的な抑うつと正常範囲内のゆううつ感や悲哀感との質的な差は識別されにくい。
うつ病における抑うつ気分は、生気感情の低下と表現されるように、身体感覚と密着したものであり、重症化すれば「ゆううつ」というよりも、感情がわかず、つらいだけと訴えられる(悲哀不能)。
うつ病者の気分の異質性はこの悲哀不能と悲哀感の表裏一体性である(DSM-IVの○1 憂うつな気分と○2興味、喜びの減退に相当する)。

したがって、抑うつ気分が目立たない場合でも、身体的訴えや疲れやすさが前景にくることがある。

実際、身体症状がうつ病の初期症状をなすことが少なくなく、身体症状は多彩で、うつ病に特異的なものはないが、不眠、疲労や倦怠感、食欲不振、口渇、頭痛、めまい などがある。

シュナイダーは感情を快あるいは不快として直接感じられる心の状態とし、感情を感覚と結びついた快?不快(身体感情)、心に感じる快?不快(心的感情)に分けているが、うつ病の場合も身体感情が前景に立つことがある(仮面うつ病)。

現在、うつ病といえばDSM-IVの大うつ病のことをさすが、身体症状が前景に立つと身体表現性障害に操作的に分類されてしまうのが問題点である。

抑うつ気分と並んで精神運動性の抑制は、抑うつ状態の中核であり、正常範囲の悲哀との鑑別点として重視される。
「頭が働かない」「何をするのもおっくう」「決断できない」などと訴えられるが、抑うつ気分と比べると、他覚的にも認められやすい。
一方、焦燥感はほぼ全例に認められる。

この精神運動制止と焦燥を別々のものと列記するのではなく、組み合わせると、患者は「おっくうなのにいらいらしている」であるという逆説性が存する。

このわかりやすい症状を必須項目とせず、正常範囲の悲哀反応と区別がつきにくい抑うつ気分をDSMの診断の必須とすることによって、うつ病概念の拡散につながっている可能性がある。

さらにうつ状態が悪化すると、妄想に発展することもある。
悲観的、絶望的、虚無的なものが多い。
「取り返しのつかない過ちを犯した」という妄想(罪業妄想)、「病気が重く、生きていらない」(心気妄想)、「お金がないので生活できない」(貧困妄想)が生じる。

一方、「自分がいなくなって迷惑をかけている」「取り返しのつかないことした」という訴えには、世界の罪を一身のしょいこみ、自分がいないとだめになるというという誇大性にぶつかることもある(微少と誇大の逆説性)。

 
 

うつ病患者の割合

うつ病は大変ポピュラーな病気です。うつ病の生涯有病率は高く、女性10〜25%、男性でも5〜12%と言われています。また、現時点有病率は女性で5〜9%、男性は2〜3%である。単に頻度が高いだけでなく、それがもたらす主観的苦悩や社会的機能障害も大きいといわれています。
 
 

うつ病診断シート

 
最近2週間のあなたにあてはまるものは?


 
↓1つでもあてはまったら いつも違って最近2週間のほとんど毎日,あなたに認められるもの○をつけて下さい。






 
↓4つ以上あてはまった場合 以上の症状のために,ひどく苦しみ,仕事や家事,家業に支障がでていますか? ↓でていれば 大うつ病の可能性があります。
(このようにDSMの診断は操作的なので、容易に抑うつ体験反応が混入します。うつ病概念の拡散の一因はこのような診断方法にあります。
 
 

気分障害について

気分障害にはいくかのサブタイプがありますが、メランコリー型うつ病、気分変調、非定型うつ病、双極性障害を取り上げます。
メラコリー型うつ病
  1. はっきりと区別できる性質の抑うつ気分
  2. 抑うつは決まって朝に悪化する
  3. 早朝覚醒(通常の起床時間より2時間早い)
  4. 著しい運動制止または焦燥
  5. あきらかな食欲不振または体重減少
  6. 過度または不適切な在責感
 
気分変調症
抑うつ気分がほとんど1日存在し、それがない日よりもある日の方が多く、それが少なくとも2年続いている。
抑うつの間、以下の(またはそれ以上)症状が存在すること。
  1. 食欲減退、または過食
  2. 不眠、または過眠
  3. 気力の低下、または疲労
  4. 自尊の低下
  5. 集中力低下、または決断困難
  6. 絶望感
薬物療法で抑うつ気分を和らげ、考え方や生活環境の改善に根気よく取り込む
 
非定型うつ病
うつ病らしくないうつ病です。
気分の反応性(すなわち、現実のまたは可能性のある楽しい出来事に反応して気分がよくなる)
  1. 著明な体重増加または食欲の増加
  2. 過眠
  3. 鉛様な麻痺(すなわち、手や足の重い、鉛の様な感覚)
  4. 長期にわたる、対人関係の拒絶に敏感であること
周囲の人の協力のもと、患者さん自身も生活リズムを立て直すことが重要である。
 
双極性障害
抑うつ気分と壮快な気分が循環することがある。うつから始まると診断がつきにくい。双極性障害と診断された場合、気分安定薬を使用する。
過去に躁病相があれば鑑別は容易であるが、将来躁病相が出現して双極性うつ病になるか否かの予測は困難である。ただ、躁とうつを繰り返す場合うつ病相の割合が高いのが特徴である。躁状態とうまくつきあっていくのが大切です。